転勤で空けてしまう自宅をリロケーションで有効活用する

家賃回収と空き室対策

メンズ

少ない経費で利用できる

賃貸住宅に入居する際に入居人が家賃債務保証会社と契約するように取り決めておけば、家賃の滞納があった時に家賃債務保証会社の方から代位弁済されます。未払いの家賃を支払ってもらえるだけではなく、滞納が続く場合には督促や家の明け渡し交渉など全て任せることができます。また家賃滞納が続いているにもかかわらず入居人が話し合いに応じなかったり逃げてしまった場合には、訴訟を起こして家賃を回収しなくてはいけなくなりますが、家賃債務保証会社にはそういった訴訟手続きなども任せることができます。その他原状回復費用なども保証されます。家賃債務保証会社と契約する時には初回保証などの費用が必要になりますが、その後の費用は入居者負担にしているところがほとんどです。少ない経費で毎月の家賃収入が保証されるので安心です。以前は家賃債務保証会社というと高齢者や独身者、母子家庭など連帯保証人がいない人が契約する場合が多かったのですが、今は家賃収入が保証されるため連帯保証人がいても家賃債務保証会社との契約を義務づける賃貸住宅が増えてきました。入居希望者の審査も家賃債務保証会社が行い、収入や勤め先、過去の滞納データなどを調べて滞納のリスクの少ない入居人を選びます。今まで連帯保証人がいない為に断っていた入居希望者に部屋を貸すことができるので、空き室も減らすことができます。空き室対策として人気のシェアハウスは、独身者や外国人が入居することが多いので家賃債務保証会社と契約しておいた方が良いでしょう。