転勤で空けてしまう自宅をリロケーションで有効活用する

良いマンション管理とは

マンション

契約する前の注意点

賃貸にしても分譲にしてもマンションというものは複数の人が居住するひとつの建物であり、適切に共有するためにも管理が必要になります。それがマンション管理です。賃貸であればオーナーが、分譲の場合にはマンション管理組合が行いますが、すべてを自前で行うのは難しくマンション管理会社に業務を委託することになります。良質のマンション管理を受けられれば、適切にマンションが維持されますが、そうではない場合には不満が出る場合があります。このため良いマンション管理会社を選ぶ必要があります。マンション管理会社と契約する前に注意すべき点としては、管理業者のフロントマンの良し悪しが大きく影響します。例え大手で評判の良いマンション管理会社であってもフロントマンが悪ければ、すべてが台無しです。フロントマンのポイントは管理業務主任者の資格を有しているか、フロントマンとしての経験、また1人あたりの担当物件数、巡回頻度、担当者の変更に応じてくれるか、といったものがあります。このほかにも月次報告書の内容や議案書のレベルといった書面でのやり取りの能力、また分譲の場合には管理費の回収能力もチェックしておきましょう。また、マンション管理規約に対してアドバイスをしてくれるのか、定期的な設備点検や問題が発生した場合の修繕業務の質、そのほか諸経費のマンション管理会社と組合との負担割合に関しても注意が必要です。またすべてをマンション管理会社に任せるのではなく、その業務に対しての監視をすることが良いマンション管理を受けることができます。